企業参加のご案内

研究開発にブレイクスルーが欲しい、 異分野の助けを借りたい、研究者の成長を促したい …、そんなご要望はICCへ!
  • 共同研究
  • 人材育成
  • 参画機関

共同研究の実施

革新複合材料研究開発センター(ICC)では、企業等との共同での研究を積極的に実施しています。複合材料の分野では、材料製造の上流から、加工を担う中流、製品を社会に送りだす下流まで研究対象が広く、特定のプロセスを担う企業が全体を見渡して研究開発に当たるには大きな制約があります。
人材面や設備面で困難な研究や、壁に当たっていて何らかの突破口探しや外部からの刺激を必要としている研究があれば、ぜひ、ICCにご相談ください。ICCが所有する最新の製造設備や評価設備を使い、幅広い分野の専門家を参加させ、その研究開発を成功へ導きます。

研究者の育成(メンバーシッププログラム、セミナー等)

革新複合材料研究開発センター (ICC) では、研究者の育成にも力を入れています。複合材料の分野では、大学での研究と企業の開発の間にギャップが存在し、研究者個人や企業単体での解決は難しいと言わざるをえません。ICCは、基礎的な研究から商品を社会に送り出した後まで、対象を幅広くもっていますので、そのギャップを克服し、複合材料の分野で真のプロフェッショナルと言える人材を育成します。ICCに貴社のエース研究者を送りだしてください。
研究者の育成は、メンバーシッププログラムとしての受け入れの他、共同研究の一環として行うことも可能です。

企業参加の詳細 ご案内

1. 参加の種類

共同研究

ICCが有する研究分野において、企業等の皆様が諸般の事情によりできない研究を当センター所属の研究員が共同して進めます。企業等の研究者を金沢工業大学の研究員として受け入れることも可能です。

メンバーシッププログラム

企業等の研究者を金沢工業大学の研究員として受け入れます。ICCの研究員の指導を受けたり、設備を利用することができます。

2. 契約

共同研究は、ICCを設置する学校法人金沢工業大学と企業等が契約を締結し、当該契約のもとで研究を実施します。研究の概要、期間、経費、受入研究員、知財等の取扱いなどについて本学の規程に基づいて取り決めを行います。

3. 受入研究員

ICCは当該研究に必要な研究員を企業等から受け入れることができます。受入研究員は、ICCの研究員の指導を受けたり、設備を利用することができます。また、学校法人金沢工業大学の非常勤研究員としての身分を有し、各種のサービスを受けることが可能です。

4. 手続き

ICCは、企業等のご要望の研究概要について研究員の研究内容やその他の諸条件に照らし、受入れが可能か否かを事前に企業等の皆様と調整させていただきます。事前の調整をお受けするにあたり、「お問い合わせ」のフォームに必要事項を入力し、送信してください。後日、両者において協議の上、受入の可否を決めることになります。

  • お問い合わせ
page top